初心者のためのFX自動売買

情報を集めて知っておくことで、今すぐでなくても、始めたいタイミングですぐにできる知識をもっておきましょう。

FXのリスクも理解した上でスタート

FXという言葉は知っていても、未知な部分が多くて、リスクを考えがちですよね。しかし、それくらいの覚悟をもっている方がいいのではないかと個人的には思っています。

というのも、勝負の上で勝ちばかりを想定していると、負けたときのリスクダメージが強すぎるからです。正直なところ、勝ち続けるということはほぼ不可能に近いからです。

FXのリスクも理解した上でスタートしてみましょう。また、FXとはいつも画面に張り付いていなければいけない、と思ってらっしゃる方もおられるかもしれませんが、実際にはそうではありません。FXはある意味片手間でできるのです。

というのも、自動売買ができるソフトがあるからなのです。時間がない、と諦めてらっしゃったかたも、ぜひ始めてみてください。

FXのポンド円はいつ上昇するのか?

イギリスがEUを脱退したことでFXにおけるポンド円が大幅な下降を見せました。1日に約20円という金額は数年に一度の規模ともいわれており、スイスフランショックの頃を思い出させるものです。とはいえいつでも下降するわけではなく、いずれは上昇へと向かうでしょう。

その要因としてあげられるなら下限にある抵抗線への接触です。FXでは価格の節目にラインを引くものですが、現在の価格の近くには一つ平行線を引くことができます。そう考えると抵抗線のライン付近で上昇を見せるかもしれません。

FXは価格だけでなく様々な要因から理由を見つけるもの。取引する情報として参考にしてみてください。

為替レートの差益を狙うFX

FXは異なる2国間の通貨を交換する時の差額、つまり為替レートの差益を目的とした投資です。為替差益の他にも各国の金利差で利益を得ることもできます。また、レバレッジと呼ばれる預け入れている証拠金を担保にして最大でその25倍までの金額の取引を行うことができ、少ない資金で大きいお金の取引を行うことができる。

土日を除き24時間取引ができるという点も大きな魅力の一つでしょう。あまりにレバレッジの倍率を高く設定しすぎると思いもよらない損失を抱えてしまうリスクはあるものの、そのリスクを理解して正しく運用することができればFXは非常に魅力の大きな投資対象といえるのではいでしょうか。

FXで損失が出たらやること

FXはギャンブルの一種なので、運が悪ければ大きく負けてしまいます。100万円以上の損失が出てしまうこともあるでしょう。利益が出ていなければ所得税と住民税はかかりませんが、確定申告をすることで得をするケースもあります。

例えば、300万円の損失が出たら、確定申告をしておくことで、3年間の繰越控除が受けられます。次の年に100万円、その次の年に200万円の利益が出れば、合計で300万円に対して税金がかからないというふうにできます。税率はおよそ20%なので、60万円以上の節約になります。FXでは、利益が出ていなくても、税金については調べておきましょう。

FXのオプション取引とは

FXのオプション取引とは、将来の一定期間経過後に原資産を売り買いできる権利を売買する取引です。その一定期間経過後に、原資産の為替レートが円高に動いているか、円安に動いているか、ということを予測して売買を行います。この原資産を買う権利のことをコール、売る権利のことをプットと言います。

原資産売買の権利を買った投資家は、満期日に権利を行使するか放棄するかの選択が可能です。当然ですが、自分の予測通りに為替レートが動いて場合には権利の行使、予想と異なった場合には放棄します。

この取引ではレートの読みを外した場合にも権利分の損をするだけなので、比較的安全です。多くのFX会社でこの取引を行うことが可能です。

FX会社に関する情報